誰もが迷う、銀行と消費者金融の違いについて

はじめてカードローンを利用する場合、銀行ローンと消費者金融カードローン「どちらにすべきか」迷われる方は多いでしょう。銀行ローンと消費者金融カードローン会社は、どちらが主婦におすすめなのでしょうか? 

 

銀行系と銀行の違い

まずは「銀行系ローンと銀行の違い」について、簡単に説明したいと思います。なお、同じテーマを別ページ「銀行と消費者金融の違い」で詳しく紹介しています。ぜひ、本記事と合わせて参考にしてみてください。

 

<銀行系とは?>
銀行系とは、親会社に銀行を持つ消費者金融カードローンのことを指します。銀行とのつながりはありますが、銀行系の融資は総量規制の対象となります。

 

総量規制外とは?

総量規制は、債務者の借りすぎを防ぎ、安全に融資を受けるための法律を指します。総量規制を受けるカードローンは、年収の3分の1以上の融資は受けられません。総量規制の対象となるのは、消費者金融や信販会社のカードローン、そして私たちにもなじみが深いクレジットカード(キャッシング)が該当します。

 

ただし、銀行系の中にも総量規制の対象外となるローンが存在します。それは、借金を一本化するための「借り換えローンやおまとめローン」です。

 

これらの商品は、債務者の安全な借り入れを支援するため、総量規制の対象外として利用できます。銀行系には、プロミスやモビット、アコム、ノーローンなどの会社(金融機関)があります。

 

銀行カードローン

銀行カードローンは、銀行が直接融資を行うカードローン商品です。フリーローンと呼ばれる使い道が自由なローンのほか、住宅ローンやマイカーローン、教育ローン、ビジネスローン、おまとめローン(借り換えローン)など、さまざまな種類の融資を扱っています。

 

銀行ローンは、一般的に消費者金融カードローンよりも金利が低く、融資の金額も大きい商品が多いです。このため、消費者金融よりも「お得な借入ができる」と考える利用者も多いです。

 

家族に内緒でキャッシングしたい、そんな時は?

主婦の方は、周囲に対して「ローンを使っている」と言いにくいはずです。クレジットカードは男女関係なく、誰もが利用しています。しかし、女性がカードローンを使っているとは(未だに)言いにくい雰囲気があるのでしょう。

 

主婦がカードローンを利用する場合は、できるだけ第三者に利用が分かりにくい(プライバシーに配慮した)ローンを使いましょう。

 

最近では、ネットのやり取りだけでキャッシングが始められるものやスピードキャッシングに強いローンなど、新しいサービスが増えてきています。こうした、匿名性の高いサービスを利用すれば、いつでも安心してキャッシングが利用できます。

 

急なお金のピンチにも安心!

家計のやりくりに困ったら、スピードキャッシングでお金のピンチを乗り越えましょう。お子さんのいらっしゃる方は、教育費や学校関係のお付き合いなどにお金が掛かる(思わぬ出費がかかる)はずです。

 

また、家族の急なケガ、病気などの理由で、まとまったお金が必要になるかもしれません。

 

まずは、スピードキャッシングを申し込んでみましょう。

 

今日中にお金が必要なあなたには、平日14:00までにWEB契約完了すれば、自分の銀行口座に現金が振り込まれるプロミスがおすすめです。引用:お金を借りるには.com

 

可決できれば(キャッシングで)一旦立て替え(支払)を行い、落ち着いたタイミングでお金を返済していきましょう。手元に一枚カードローン用のカードがあれば、急なトラブルが起こった場合でも冷静に行動できます。

 

自分にピッタリ合う一枚を探そう!

みなさんも「主婦におすすめのカードローン」について理解を深め、もしもの時に備えて、安心して使えるカードを取得してみてください。本サイトでは、安全に利用できるカードローンのみ、厳選してご紹介しています。